登録する

医療器具を持つ手

看護師は職務が重くやりがいのある仕事ですが、体力的にも精神的にも負担が大きいこともあり、転職率が高いとされています。 全国の調査でも看護師の約7割が転職経験を持つという報告があり、それが裏付けられているのです。 しかし同時に看護師の求人は一般職より遥かに高く、一般職の全国求人倍率が1倍強に対し、看護師は3倍以上となっています。 こうした求人の多さがあるからこそ、転職を決断しやすいといえるでしょう。 とはいえ、ただ簡単に転職するのではなく、長期的なビジョンも含めて自分はなぜ今転職をしたいのか、といったしっかりとした理由を持つことが転職活動をするにあたって必要です。 これを考えず、ただ条件の良さに惹かれて転職すると、想像と現実の違いにつまずき失敗する可能性が高くなってしまうのです。 看護師としてのキャリアアップを図りたいのか、それとも家庭と仕事のバランスを取りながら働くのか等、ライフプランを考慮しながら転職活動を行うことが大切です。 これは個人だけでなく、医療業界全体も看護師確保のために、今後様々な働き方や働く場を提案していくことを方針としています。

看護師が転職を考えた時に利用する求人には、公的機関であるハローバンクやナースバンクがありますが、最新の情報が少なく、また詳しい条件などが分かりにくいとされています。 他には、知人や先輩看護師の紹介なども多いとされていますが、これは条件のすり合わせがしにくく結果的に転職が失敗してしまうケースが多発しています。 そんな中、評価が高いのが看護師転職サイトの利用です。 こうした転職サイトは、人材紹介会社が管理しており、登録することで専属のコンサルタントがつき、条件にあった転職先の紹介の他、現職場の退職の際のアドバイスや相談、また転職先への活動のサポートなど幅広い対応が可能となっています。 また、一般の情報だけでなく、条件の良い非公開求人の紹介も可能なことから、理想に近い転職活動ができるとされています。